2017年 10月9日

息子達の運動会から考える、職場環境

今日は、当店に置ける、今後の職場環境についてつぶやいみました。

取り留めの無い長文ですみませんm(__)m

先日、息子達の運動会がありました。

 

思い起こせば、長男の初めての運動会から始まります。

 

私、小さい頃から足が速かったのです。

妻も同じく、学区内では名の通った俊足だったらしいです。

ですので、息子達も間違い無く俊足だろうと思っていました。

いざ、運動会へ。

 

ムービーを撮るべく、ファインダー越しに見る長男。

そして、スタート。

そこに写る長男は、歯を出しながら満面の笑みを浮かべて走っていました。

まさかの最下位。

こっそりファインダー越しに悔し涙しました。

 

替わって、先日の次男の保育園最後の運動会。

次男は、自分で「僕、足めっちゃはやいでー」って連呼してましたが、父譲りのチキン オブ ハートを持って

いたので、あまり期待せず、妻からの連絡を待ちました。

 

ニヤニヤ顔の妻、「ざわついたわぁー」。

そう、次男のズバ抜けた俊足に保育園がざわついたのです。

私は、ムービーを見ながら、少しうれし涙を流しました。

 

話は、ここから本番です!

 

次男をベタ褒めしたいけど、そん時長男はどうおもうやろ?

やっぱり嫌やろうな。

運動神経は次男に負けるけど、長男は、継続する力は勝ってる。

じゃーその継続する力を褒めて、ついでに次男にも継続する力の大切さを知ってもらえばいいな。

 

これって、職場でも一緒じゃないの?

人それぞれ得意不得意があるし、得意分野を伸ばしてあげないと。

でも、大前提、パティシエとしての最低限のスキルは身に着けてからの話。

 

今居る子、これから入って来る子、この子達が、少しでも楽しくパティシエしてもらえる

そんな職場環境を作らないと、と思った今日この頃。

 

良い事は、皆の前で褒めます!(今もそうしているつもり)

悪い事は、こっそり指導します!(今は出来てません)